会社をたたむ時のやり方|駐車場経営という手段|働かずして収入を得るコツ

駐車場経営という手段|働かずして収入を得るコツ

男の人

会社をたたむ時のやり方

ウーマン

M&Aによる株の売却

後継者がいなくて企業をたたむ場合、問題になるのは従業員や会社の資産の処分です。特に会社が所有している不動産を売却すると、多額の税金が発生します。企業を整理する場合には不動産M&Aの仕組みを理解して、活用することが大切です。M&Aとは企業合併や企業買収のことで、M&A専門の会社に依頼すると企業を整理する上で役立ちます。例えば会社整理する場合に多くのケースは企業買収を選択します。これは持っている株を買い取ってもらい、経営権をそのまま引き継ぐ方法です。企業買収なら従業員を解雇せずにすみます。また株を売るので売却益を手にすることができます。事業から撤退したあとの生活は、その売却益で支えることができます。企業買収にはこのようなメリットがあります。

会社の資産チェックが重要

赤字経営の企業にとって、企業買収の可能性は低くなります。しかし黒字経営なのに後継者問題で整理せざるを得ない場合は、企業買収が実現しやすくなります。買収する企業の立場になれば、赤字よりも黒字の企業を手に入れた方が事業展開の上でもプラスになるからです。企業買収を行うためには、税理士や弁護士などが事前に会社の資産や借り入れなどのチェックが必要です。ですから会社をたたむと決めたら、まず顧問税理士や弁護士に相談してから動くことになります。その時に会社所有の不動産の時価について査定が行われます。また企業買収の前に不動産を個人名義に変更すれば、所有権の移転が可能になります。ただし税金が発生するので、それらについても税理士のアドバイスが必要になります。