賃貸経営はプロに任せる|駐車場経営という手段|働かずして収入を得るコツ

駐車場経営という手段|働かずして収入を得るコツ

男の人

賃貸経営はプロに任せる

集合住宅模型

空室発生のリスクに備える

アパート等の賃貸経営は安定度の高い不動産投資と言われていますが、もちろんリスクもあります。最大のリスクは、入居者が確保できずに空室状態が続くことです。空室期間中は当然ながら収入は一切得られず、維持費だけが出ていくことになります。こうしたリスクを回避するための手段はいくつかありますが、その1つがサブリースです。サブリースとは、簡単に言えば転貸のことです。オーナーはまず、不動産管理会社に物件をリースします。そしてこのリース契約に基づいて、月々賃料の支払いを受けます。一方、管理会社は個々の入居者に物件を転貸し、家賃を収納します。オーナーに支払うリース料と家賃との差額が、管理会社の収入となる仕組みです。

管理業務も一任できる

サブリースを採用した場合、オーナーは実際の入居状況に関係なく月々一定額の支払いを管理会社から受けることになります。その額は契約ごとに異なりますが、おおむね満室家賃の80〜90%相当額というのが平均的なところです。つまり、たとえ実際の入居率がこの数字より下がっても、オーナーの収入が減ることはないわけです。このため、サブリースは長期的に収入を安定化することができる手段として人気があります。サブリースが人気を呼んでいる理由はもう1つあります。オーナーと個々の入居者との間には直接の賃貸借契約が存在しないため、通常の家主が行う仕事、つまり入居時の審査や家賃の収納、滞納時の督促といった業務は行わなくていいことになります。つまり事実上の管理代行としても利用できるわけです。